ぶーぶー速報

ぶーぶー速報 略して ぶー速 。自動車関連の2chのスレを中心にまとめたブログです。


     管理人からの重要なお知らせ⇒ こちら  管理人の愛車と安全運転について⇒ こちら

     ぜひ読んでもらいたい”安全”についてのまとめ
     → お前らが実践してる安全運転テクを書いてけ


    読者からの質問に答えるぶ~ ~点火時期について~

    本記事は2chのまとめではありません。


    しょぼーんみなさん こんにちわ。ぶーぶー速報管理人のぶーちゃんです。
     

    先日、以下のリンク先で、ぶーちゃんへの質問を募集したところ、

    http://my2chmatome.ldblog.jp/archives/41221703.html


    点火時期について、教えてほしいです というメールを頂いたぶ~
    そこで、ぶーちゃんの点火時期の理解をまとめてみたぶ~

    ぶ~ちゃん自身の勉強のためにも、間違いがあったら指摘してほしいぶ~


     





    【自動車】「トヨタ・ソアラ」が復活か? LAオートショーで世界初公開

    1 :北村ゆきひろ ★:2014/11/23(日) 20:12:49.48 ID:???.net

    LEXUS-LF-C2-480x360
    LEXUS(レクサス/トヨタ自動車)は11月20日、米・ロサンゼルスで開催中のロサンゼルスオートショー(21日~30日一般公開)で、オープンスポーツ4座のコンセプトカー「LF-C2」を出展した。 
    (中略)
    このオープン4座のコンセプトモデル「LF-C2」は、かつてトヨタのフラッグシップ・スポーツクーペ「ソアラ」を引き継いだ 
    「レクサスSC」を彷彿とさせるモデルだ。レクサスSCは2010年1月で姿を消しており、その流麗なクーペ&オープンスポーツの復活が期待されている。 

    中略部分を読みたい方は以下のリンクで。

    http://economic.jp/?p=43126
     





    ボアストローク比について考察してみたぶ~

    本記事は2chのまとめではありません。


    しょぼーんみなさん こんにちわ。ぶーぶー速報管理人のぶーちゃんです。

    86のカタログを読んでいたら、86はボアストローク比が86.0×86.0mmと書いてあったぶ~

    俗にいうスクエアストロークだぶ~

    スクエアストロークの他には、ロングストロークやショートストロークがあるのは有名だぶ~

    そこでふと思ったぶ~ ショートストロークは高回転に強く、ロングストロークは高回転に弱いっていうのは有名だけど
    どうして、
    ショートストロークは高回転に強く、ロングストロークは高回転に弱いんだろぶ~ わからないぶ・・・

    そこで、いつものように力学の教科書を開いて、その理由を考えてみたぶ~
    2時間ほど考えてぶーちゃんなりの答えを出してみたぶ~間違っていたら教えてほしいぶ~






    [画像多数] 海鮮丼を食べに、パールロードをドライブしてきたぶ~

    本記事は2chのまとめではありません。

    しょぼーんみなさん こんにちわ。ぶーぶー速報管理人のぶーちゃんです。

    海鮮丼を食べに、伊勢・志摩・鳥羽に行ってきたぶ~

    ついでにパールロードをドライブしてきたぶ~

    その時の写真をあげるぶ~









    パールロードルート






    【中央日報】トヨタが水素自動車で現代と勝負へ 水素自動車韓日戦の火ぶたが切られた

    1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2014/11/21(金) 08:37:45.51 ID:???.net


    20141121075503-1(上から)現代車の「ツーソンix」、トヨタの「ミライ(MIRAI)」、アウディの「A7スポーツバックh-トロン・クワトロ」 

    トヨタが現代車より7000万ウォン安い水素燃料電池自動車を出し、「水素自動車韓日戦」の火ぶたを切った。 
    トヨタは21-30日(現地時間)に米ロサンゼルスで開催されるLAモーターショーにセダン型水素自動車 「ミライ(MIRAI)」を出品すると明らかにした。

    (中略)

    グローバル競合企業の積極的な水素自動車市場攻略とは違い、「兄貴」格の現代・起亜車は今回のLA
    モーターショーで「静中動」だ。LAモーターショーでは記者会見や行事なく「ツーソンix」「新型ソナタ」「オールニューソレント」などを展示する。現代車グループの関係者は「ツーソンix水素自 動車は部品の国産化率が95%に達するほどで、国内技術力はドイツ・日本車に劣らない」とし「価格
    問題は車両の普及が拡大し、政府の政策が決まれば、徐々に解決されるだろう」と明らかにした。

    ソース記事の続きと中略部分は以下のリンクで
    http://japanese.joins.com/article/010/193010.html?servcode=300&sectcode=300 




    最近の若者はクルマに関心がない。デートも軽自動車でいい。おかしい。いったい何が起きているのか。

    1 : 目潰し(中国)@\(^o^)/:2014/11/16(日) 21:50:30.21 ID:MQNA6sSC0●.net 2BP(2000)

     
    デートだって軽自動車でいい(若者50年の足跡) 
    クルマといえば、昔は若者の必須アイテムだった。「ハコスカ」に「ケンメリ」「レビン」「プレリュード」……。 
    往年の国産スポーツカーは20~30代男性のあこがれの的で、女性も助手席に乗りたがった。 
    それが、おかしい。若い男女は今、クルマにあまり関心がない。自動車大国ニッポンで、いったい何が起きているのか。 

    ソース記事の続きは以下のリンクで

    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO79768550V11C14A1TY8000/ 






    【国内】車にかかる費用は生涯で約4000万円!

    1 :Anubis ★@\(^o^)/:2014/11/19(水) 17:42:14.20 ID:???0.net

    車にかかる費用は生涯で約4000万円! 






    読者からの質問に答えるぶ~ ~ヒール&トーについて~

    本記事は2chのまとめではありません。

    みなさん こんにちわ。ぶーぶー速報管理人のぶーちゃんです。

    図1

    先日、以下のリンク先で、ぶーちゃんへの質問を募集したところ、

    http://my2chmatome.ldblog.jp/archives/41221703.html


    ヒール&トーについて、教えてほしいです というメールを頂いたぶ~

     

    そこで、ぶーちゃんのヒール&トーの理解をまとめてみたぶ~ 






    なぜ、車好きが絶賛する「本物のクルマ」が全く売れず、冷蔵庫みたいな「動く箱」ばかりが売れるのか

    Mazda_DEMIO_XD_Touring_L_Package_(DJ)_front
    画像はWikipediaより引用 投稿者:Tokumeigakarinoaoshima   画像はCC-BY-SAライセンスです。
    画像URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%80%E3%83%BB%E3%8
    3%87%E3%83%9F%E3%82%AA#mediaviewer/File:Mazda_DEMIO_XD_Touring_L_Package_(DJ)_front.JPG
     

    1: ダイビングフットスタンプ(中国)@\(^o^)/:2014/11/12(水) 22:03:13.54 ID:PpqNGVSS0●.net 2BP(2000)

     
    市販を前提として日本国内で発表される乗用車の中から、年間を通じて最も優秀なクルマを選定する「2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)」(主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)の栄冠に輝いたのは、マツダのデミオだった。受賞理由、選考方法、今年のノミネート車種など詳細な情報については、オフィシャルサイトをご覧いただきたいが、デミオの勝因を一言でいうと、「欧州有名ブランドにも引けを取らないデザイン、クォリティ、性能、低燃費技術を実現した、これまでにない和製コンパクトカーである点といえよう。 

    要するに、ハイブリッド車や電気自動車(EV)といったインパクトのある技術は使わず、これまで培ってきた
    乗用車テクノロジーに、日本的モノづくり流の磨きを一生懸命かけて仕立てたことが、筆者を含む60名の選考委員に評価された。極めて正攻法で真面目なクルマづくりが、国産コンパクトカーの概念を打ち破った。メーカーの強い意志は必ずや商品に反映され、消費者にもアピールするものだ。そのことは発売後1カ月半の10月末時点で約2万台の注文を獲得し、その6割が注目のディーゼルターボエンジン搭載グレードであることからもわかるだろう。 

    近年、賞レースにおけるマツダ車の存在は際立っている。昨年はアテンザが特別賞を獲得しているし、
    一昨年はCX-5で同じく大賞(イヤーカー)を取った。今年、惜しくも10ベストカーには入らなかったが、デミオより1クラス上の小型モデル・アクセラもまた評判は高く、デミオが“いなければ”、確実に大賞候補の一角を占めていたはずだ。 

    つまり、それだけマツダのクルマづくりが近年、専門家の心を打つものだったということで、
    逆にいうとマツダよりも規模の大きなメーカー、たとえばトヨタ自動車や日産自動車は、一体その間、何をやっていたんだ? という疑問の湧く人もいるだろう。 

    ソース記事の続きは以下のリンクで
    http://news.livedoor.com/article/detail/9453653/ 






    [画像多数] 紅葉を見に湖東三山をドライブしてきたぶ~

    ※本記事は2chのまとめではありません。

    みなさん こんにちわ。ぶーぶー速報管理人のぶーちゃんです。 


    しょぼーん

    最近更新が少なくてごめんぶ~ 

    いろいろとやることが多くて、平日は更新する時間があまりとれないぶ・・・


    今週は紅葉を見に湖東三山とその周辺をドライブしてきたぶ~
    その時の写真をあげるぶ~

    地図






    お前らって車の運転慣れるまでどんくらいかかったの?

    運転

    1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/11/09(日) 19:00:45.18 ID:Ta1w/OT00.net

    免許取ってから2ヶ月経って
    今日通勤先まで下見運転してきたんだけどちょいちょい危なかったわ… 




    読者からの質問に答えるぶ~ ~ダブルクラッチについて~

    ※本記事は2chのまとめではありません。

    みなさん こんにちわ。ぶーぶー速報管理人のぶーちゃんです。 


    しょぼーん

    先日、ぶー速の読者から以下の質問があったぶ~

    ”ダブルクラッチ”について、
    よくわからないのでもし知っていたら教えてください






    ぶーぶー速報キーワード
    自動車、車、ニュース、2ch、運転、まとめさいと、自動車ニュース、中国、日本、アメリカ、インド、タイ、政治、外交、国内情勢、歴史、経済、アテンザ、アクセラ、ロードスター、デミオ、レクサス、マークX、86、BRZ、インプレッサ、リーフ、ロードスター、オロチ、クラウン、アクア、ヴィッツ、カムリ、プリウス、アベンシス、オーリス、アイシス、アルファード、ノート、マーチ、キューブ、モコ、セレナ、GT-R、フェアレディZ、スカイライン、フーガ、ティアナ、フォレスター、フィット、インサイト、N-BOX、N-ONE、タント、ミラ、アウトランダー、アイ、パジェロ、ガリュー ぶーぶー速報は2chのまとめブログです、 日本、 レクサス、 トヨタ、 日産、 ホンダ、 マツダ、 スバル、 三菱、 スズキ、 ダイハツ、 いすゞ、 光岡自動車、 ゼロスポーツ、 ドイツ、 メルセデス・ベンツ、 フォルクスワーゲン、 BMW、 オペル、 アウディ、 ポルシェ、 AMG、 スマート、 BMWアルピナ、 マイバッハ、 ミニ、 アメリカ、 シボレー、 クライスラー、 フォード、 キャデラック、 ダッジ、 リンカーン、 ビュイック、 ポンテアック、 マーキュリー、 ジープ、 サターン、 ハマー、 イギリス、 ローバー、 ランドローバー、 ジャガー、 MG、 デイムラー、 ロータス、 ベントレー、 TVR、 ロールスロイス、 アストンマーティン、 モーガン、 スウェーデン、 ボルボ、 サーブ、 フランス、 プジョー、 シトロエン、 ルノー、 イタリア、 アルファロメオ、 フィアット、 ランチア、 フェラーリ、 マセラティ、 ランボルギーニ、 韓国、 ヒュンダイ、 オランダ、 ドンカーブート、 自動車重量税、 自動車取得税、 歩行者、 2chまとめブログ、 車速報、 痛車、 痛車速報、 マニュアル車、 マニュアル、 MT車


    最新記事50件
    私の世界へようこそ
    最新コメント
    各SNS
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:



    Twitter


    livedoor プロフィール
    おすすめアンテナアプリ
    リンク元統計
    アンケート


    記事検索

    ぶーちゃんの独り言日記
    QRコード
    QRコード