本記事は2chのまとめではありません。


しょぼーんみなさん こんにちわ。ぶ~ぶ~速報管理人のぶ~ちゃんです。最近更新が少なくてごめんぶ~

毎日他にやることがあり、ぶ~速の更新に時間が割けないぶ・・・

そんな中、ずいぶん前にメールで以下の質問を頂いておりましたが、返答できていなかったぶ・・・ごめんぶ・・・

質問内容
最近、DCTという言葉をよく聞くのですが、DCTを調べてみても、いまいちよくわかりません。もしよろしければDCTについて教えて頂けないでしょうか。おねがいします。
 


正直、ぶ~ちゃんもDCTの細かな内部構造についてはあまり詳しくないぶ~

ですので、ここではDCTの基本的な概念について
ぶ~ちゃんが理解している範囲内でお答えするぶ~

それではいつものように、DCTを理解するために必要な基本事項についておさえるぶ~
DCTの基本概念を理解するために必要な基本事項は以下の4つだぶ~

①ギア比、回転数およびトルクの関係について
②MT(マニュアルトランスミッション)の基本構造について
③AMTについて

①②については過去にぶ~速で説明したこともあり、説明は割愛させていただくぶ~

そのかわり①②について記載した記事のリンクを貼っておくので、わからないことがありましたら下記リンク先を参照してほしいぶ~


①ギア比、回転数およびトルクの関係について
http://my2chmatome.ldblog.jp/archives/44739663.html
 

②MT(マニュアルトランスミッション)の基本構造について
http://my2chmatome.ldblog.jp/archives/41221703.html

③AMTについて

しょぼーんAMTとは、Semi-automatic transmissionの略だぶ~

AMTを一言で言うと、
MTのシフトノブとクラッチペダルの操作を機械が代わりにやってくれるトランスミッションのことだぶ~

後で説明するDCTとの違いを明確にするために、AMTのシフトチェンジの流れを以下に示すぶ~




AMT2

AMTのシフトチェンジのプロセスは大まかに以下のようになるぶ~


上記プロセスの①~④のAMT内の状態を詳しく見ていくぶ~


AMT4



AMT5



AMT6



AMT7

しょぼーん上記AMTのシフトチェンジのプロセスをしっかり押さえてほしいぶ~

基本事項の説明はここまでぶ~
それではDCTの説明に入るぶ~

まずDCTが生まれた背景ですが、
AMTは変速ショックが大きい上、シフトチェンジにも時間がかかるため、なんとかシフトチェンジを迅速に、かつ変速ショックを小さくできないかと、頭のいい人達が悩み抜いた末生まれたのがDCTだぶ~!
世の中には頭がいい人がいるぶ~!!




まずDCTの概念図を以下に示すぶ~

DCT2



上記に示すように、DCTはDual Clutch Transmissionの略で、2つのクラッチを有することからこの名前がついたぶ~

DCTは簡単にいうと2つのAMTを有するトランスミッションだぶ~

それでは、DCTのシフトチェンジの流れをみていくぶ~!

まずはシフトチェンジ前だぶ~
シフトチェンジ前のエンジンの動力は以下の赤矢印に沿ってディファレンシャルギアに伝わっているぶ~

DCT3


そして、以下の図で示すようにシフトチェンジに入る前に、動力を伝達していないAMTのスリーブを目的のギアに予め当接させておくぶ~


DCT9

DCTのシフトチェンジのプロセスは大まかに以下のようになるぶ~

DCT4

それではAMTの時と同様に上記①~③でのDCT
内の状態を詳しく見ていくぶ~


DCT5


DCT6


DCT7



しょぼーん上記がDCTのシフトチェンジのプロセスだぶ~

AMTのシフトチェンジのプロセスとよく見比べてほしいぶ~

下に、DCTとAMTのシフトチェンジの流れを比較した図を示すぶ~










しょぼーん気づいてくれたかなぶ~?

決定的な違いは、DCTはシフトチェンジ前に、予め次のギアにスリーブを結合させることができている一方、AMTの場合はシフトチェンジ中に次のギアにスリーブを結合させなければいけないぶ~

したがってその分AMTはDCTに比べ、シフトチェンジに時間がかかるぶ~
以下によりわかりやすいプロセスの比較の図を示すぶ~





DCT8




以上がぶ~ちゃんが理解しているDCTの基本的な概念だぶ~


ただ・・・
ここまで読んでくれた読者の方は、きっと以下のような2つの疑問を持つと思うぶ~

①そもそもDCTは予めスリーブを目的のギアに当接させるというけど、どうやってそのタイミングを決めるの? そんなタイミングよくできるの?

②こんな複雑な機構を、どうやって車に収容するの?トランスミッションが大きくなってしまい、車に積めないのでは?

しょぼーん実は上の2つが難しく、まだぶ~ちゃんも完全に理解できていないぶ・・・

特に①については、車の走行状況や路面状況等をパラメータにして予測するのだろうけど、それらのパラメータを具体的にどのように使うのか(アルゴリズムが)、予想もつかないぶ・・・
ちょっと考えるだけでもめちゃくちゃ複雑な制御になりそうだぶ・・・
自動車(トランスミッション)メーカーの技術者はこういうことを、一日中考えているのかなぶ・・・めちゃ大変そうだぶ・・・でもかっこいいぶ~!




※間違いや言葉足らずの点がありましたら、ぶ~ちゃんの勉強のためにも、ぜひとも下のコメント欄にその旨を書いてほしいぶ~ よろしくおねがいしますぶ~






<追記>
DCTの構造についてわかりやすく解説している動画を見つけたので載せておくぶ~