ぶーぶー速報

ぶーぶー速報 略して ぶー速 。自動車関連の2chのスレを中心にまとめたブログです。


    ディーゼル車

    【クルマ】「ハイブリッド天国」日本にディーゼル続々上陸のワケ、ボルボなど輸入車がエコカー分野で攻勢

    1 :海江田三郎 ★:2015/07/27(月) 21:48:38.72 ID:???.net

    「ディーゼル車を販売の主力とする」。ディーゼル車の“不毛地帯”とされてきた日本で、こんな方針を打ち出したメーカーがある。スウェーデンのボルボ・カーだ。ボルボ・カー・ジャパンは7月23日、自社開発のクリーンディーゼルエンジンを搭載した「V40」「V60」など5車種を発売した。ディーゼルと言えば、黒いススとガラガラという騒音。そんなネガティブなイメージもあり、日本の乗用車市場ではディーゼルは長らく見向きもされなかった。 
    「年間1万km走れば価格差は解消できる」 
    だが、ディーゼルが普及する欧州を基盤とするメーカーを中心に技術が向上したことで、
    有害物質の除去や騒音抑制のレベルが上がった。そのため、燃費効率の良さなど、メリットが見直され始めている。

    ソース記事の続きを読みたい方は以下のリンク先で
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/072400046/  

    続きを読む

    3年で約9倍…ディーゼル車、なぜブーム?ガソリン車よりはるかに優れている点とは

    ディーゼルエンジンを積んだ マツダ CX-3  
    DSC_3150
    ※写真はぶ~速管理人が撮影したものです。

    1 :きつねうどん ★:2015/02/28(土) 10:04:32.54 ID:???*.net

    かつて石原慎太郎東京都知事(当時)による、ペットボトルに入ったすすを振りかざすというパフォーマンスも大いに効果があったのか、すっかり環境に対する悪役イメージが定着。
    一時は日本の道路から完全に駆逐されるかの状態にあったのが、ディーゼル乗用車だ。ところが、ここにきて、その存在感が再び高まっている。 

    ソース記事の続きを読みたい方は以下のリンク先で
    http://biz-journal.jp/2015/02/post_9006.html
    続きを読む

    【国際】パリ市長、20年までにディーゼル車の一掃目指す 自動車依存から脱却

    1 :Anubis ★@\(^o^)/:2014/12/09(火) 20:05:46.82 ID:???0.net

    大気汚染が危険水準に達したとして今年3月、市内と近郊で20年ぶりとなる自動車の運転規制を実施したパリのアンヌ・イダルゴ市長(55)が7日、
    2020年までに市内でのディーゼル車の運行を全面禁止し、歴史的建築物が立ち並ぶ中心部への自動車の乗り入れを制限するとともに“歩行者優先ゾーン”を新設する考えを明らかにした。大気汚染の原因の一つであるディーゼル車を一掃することで大気汚染をなくし、自動車依存社会からの脱却を図りたい考えだ。 

    ソース記事の続きは以下のリンクで
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141209-00000500-fsi-bus_all 
    続きを読む

    【自動車】ディーゼル車が日本でも本格「復権」 マツダ新型「デミオ」は燃費に加え、加速のよさにも注目

    Diesel_Engine_(4_cycle_running)
    画像はWikipediaより引用 投稿者:Tosaka 画像はCC-BY-SAライセンスです。
    画像URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%82%
    A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Die
    sel_Engine_(4_cycle_running).gif


    1 :幽斎 ★@\(^o^)/:2014/06/22(日) 18:52:35.01 ID:???0.net


    ディーゼル車が日本でも本格「復権」  マツダ新型「デミオ」は燃費に加え、加速のよさにも注目 

    かつては「汚い」「うるさい」「環境に悪い」と敬遠されてきた
    ディーゼルエンジン搭載乗用車が見直されている。2011年まで年間1万台にも満たなかった販売台数は2013年に7万台を超えた。排気ガスの問題で環境負荷が大きいとされたが、技術で克服。燃費性能の高さや加速のよさといった「走り」でも注目されている。 

    マツダは2014年夏以降に発売するコンパクトカー、「新型デミオ」に排気量1.5リットルの
    新型ディーゼルエンジンを搭載すると、6月10日に発表した。搭載するエンジンは、「SKYACTIV‐D1.5」。すでに「マツダ CX‐5」などに搭載されている新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV‐D 2.2」と同様に、低圧縮比を採用しながら「理想の燃焼」を追求。その結果、窒素酸化物(NOx)後処理装置なしで高い環境性能を実現しながら、2.5Lガソリンエンジン並みの、前へ押し出すような力強い走りと、高回転まで直線的に加速する優れた動力性能を実現した。騒音も少ない、という。アイドリングストップ技術の「i‐stop」や減速エネルギー回生システム「i‐ELOOP」、高効率トランスミッション「SKYACTIV‐DRIVE」や「YACTIV‐MT」を組み合わせ、大幅に燃費を改善。軽量化し、コンパクトカーに最適なパワートレインへと進化させた。新型ディーゼルエンジンの搭載によって、新型デミオの燃費は、燃料1リットルあたり30キロメートル前後となるという。


    ソース記事の続きは以下のリンクで
    http://www.j-cast.com/2014/06/22207950.html

     
    続きを読む

    マツダ、新開発 小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を新型「マツダ デミオ」に搭載

    1 :夜更かしフクロウ ★:2014/06/11(水) 21:20:42.76 ID:???.net

    マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新世代技術「スカイアクティブ テクノロジー」を採用した、1.5Lクリーンディーゼルエンジン 
    「SKYACTIV-D 1.5」を新開発し、新型「マツダ デミオ」に搭載します。 

    「SKYACTIV-D 1.5」は既に「マツダ CX-5」などに搭載されている新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」と同様に、
    低圧縮比を採用しながら「理想の燃焼」を追求しています。その結果、高価なNOx後処理装置無しで高い環境性能を実現しながら、2.5Lガソリンエンジン並みのトルクフルな走りかつ、高回転までリニアに加速する優れた動力性能を実現しています。 


    「SKYACTIV-D 2.2」で実現した数々の革新的技術を踏襲し、燃焼における「均質リーン化領域のさらなる拡大」、エンジン小型化による
    冷却損失増大を抑制するための「断熱」技術、さらなる「機械抵抗低減」などの燃費改善技術を追加採用するなど、コンパクトカーに最適な
    パワートレインとして進化させています。 

    写真:「SKYACTIV-D 1.5」エンジン 
    http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2014/201406/140610a.jpg 
    140610a


    ソース記事の続きは以下のマツダのHPで
    http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2014/201406/140610a.html 


    続きを読む

    ディーゼル車 人気上昇 低燃費、環境性 7万台超確実

    1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2014/01/05(日) 00:31:03.91 ID:???

    「汚い」「うるさい」「環境に悪い」と敬遠されてきた、軽油を燃料に使うディーゼルエンジンを搭載した乗用車の人気が高まっている。二〇一一年まで年間一万台にも満たなかった販売台数は一三年、七万台を超えるのは確実だ。技術革新で環境性能などが飛躍的に向上し、燃費や加速の良さといった従来の長所が見直されている。

    けん引役はマツダだ。一二年二月に発売したスポーツタイプ多目的車(SUV)「CX-5」はガソリン車も併売しているが、一三年十一月までに販売した計七万一千三十五台のうち、76%がディーゼル車だった。主力車「アテンザ」でも十一月までの販売一年で70%を占めた。

    マツダは独自技術「スカイアクティブ」で低圧縮のエンジンを開発。空気と燃料がよく混ざった状態で燃焼させることで、窒素酸化物(NOx)やすすの発生量を大幅に減らした。高価な排ガス浄化装置が不要となり以前と比べるとガソリン車との価格差が大きく縮小したという。騒音も抑えた。

    CX-5のディーゼル車の価格は二百六十万四千円からで、装備が同等のガソリン車よりも約三十八万円高い。だがディーゼル車の燃料一リットル当たりの走行距離が一八・六キロなのに対しガソリン車は一六・四キロだ。マツダの人見光夫執行役員は「軽油はガソリンに比べて一リットル当たり二十円程度安い。人気が出るのは当然だ」と話す。

    日本自動車販売協会連合会によると、ディーゼル乗用車は一三年、十一月までに六万九千九百四十二台売れた。三菱自動車が一三年一月に発売したミニバン「デリカD:5」でも37%がディーゼル車だった。

    ただトヨタ自動車やホンダは環境対応車として、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド車に力を入れている。日本メーカーが扱うディーゼル乗用車はわずか六車種にとどまっている。

    <ディーゼル車> 
    軽油を燃料とするディーゼルエンジンの自動車。燃費に優れ、二酸化炭素(CO2)の排出量はガソリン車より少ないとされる。半面、排ガスのクリーン化が課題だった。1999年、当時東京都知事だった石原慎太郎氏が、ディーゼル車の粉じんが入ったペットボトルを示し規制に乗り出した。イメージ悪化もあり、販売が落ち込んだ。

    ソース:東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013122802000146.html

    PK2013122802100068_size0

    続きを読む

      記事検索
      ★備えておきたい安全グッツ★




      最新記事50件
      私の世界へようこそ
      最新コメント
      各SNS
      アクセスカウンター
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:



      Twitter



      【スポーツカー】 レクサスLF-LC 画像&動画まとめ



      レクサスLFA カッコイイ画像20枚&動画


      エンジン回転数と車速の違いってなに?


      ★ハッチ~装着パーツ




      記事検索
      アンケート


      [2ちゃんねる] 思わずじーんとくるスポーツカー名言集



      トヨタ86 カッコイイ画像
      20枚&動画


      おすすめアンテナアプリ
      • ライブドアブログ

      Back to Top