ぶーぶー速報

ぶーぶー速報 略して ぶー速 。自動車関連の2chのスレを中心にまとめたブログです。


    外交関連

    オバマ「米国で多くの日本車が走り、日本で米国車が走らない現状はおかしい。TPPで日本に売り付ける」

    1 : ニールキック(千葉県)@\(^o^)/:2015/04/18(土) 11:45:47.81 ID:LXC0YlWK0.net PLT(12001) ポイント特典

    3
    オバマ米大統領は17日、環太平洋経済連携協定(TPP)に関し「日本市場をより開放することになぜ反対するのか分からない」と述べた。 
    日米交渉が大詰めを迎え、19日から東京で閣僚協議が始まるのを前に、TPPに慎重な米民主党議員の動きをけん制した。 
    (中略)

    対日貿易に関し「ワシントンではたくさんの日本車が走っているのに、東京にはクライスラーやGM、フォード車がどれだけあるか」と指摘。
    「現状は米国にとって良くない」と述べ、TPPを妥結させることで日本に自動車や牛肉など農産物の輸出を増やしたいとの考えを示した。 

    ソース記事の中略部分および続きを読みたい方は以下のリンク先で
    http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040001_Y5A410C1000000/ 

    現在の乗用車の輸入関税 
    アメリカ 2.5% 
    日本 0% 続きを読む

    【韓国】法王が韓国で乗った起亜自動車2台をバチカン法王庁に寄贈

     1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2014/08/29(金) 14:38:15.09 ID:???.net

    “法王の車”起亜「ソウル」をバチカンに寄贈
    2014年08月29日13時53分 
    [? 中央日報/中央日報日本語版] 

    フランシスコ法王が14~18日の訪韓時に利用して「パパモビル(法王の車)」
    として注目された起亜自動車「ソウル」がバチカン法王庁に寄贈される。起亜車関係者は28日、「近い将来、法王訪韓委員会に『ソウル』3台を寄贈する。訪韓委がこのうち2台をバチカンに送ることを決めた」と話した。 

    http://japanese.joins.com/article/465/189465.html?servcode=300&sectcode=300
     


    続きを読む

    日米同盟強化に「日本再軍備!」と叫ぶ韓国の幼稚な反日ナショナリズム

    ※本記事は車関連の記事ではありません。(ぶー速の概要↓参照
    http://my2chmatome.ldblog.jp/archives/22321790.html


    1 :壊龍φ ★:2013/10/12(土) 08:23:03.34 ID:??? ?PLT(22425)

    日米両国は今月初めの安全保障協議委員会(2プラス2)共同声明で、中国の脅威や北朝鮮の核・ミサイルへの共同対処を前面に打ち出した。米国は安倍政権の集団的自衛権容認の検討や防衛予算増額を「歓迎する」と改めて明記した。しかし、こうした日米同盟の強化の恩恵を受ける韓国がこれを歓迎していない。韓国メディアは相変わらず『日本の再軍備』を憂い、日本が『戦争ができる国になる』と嘆くのだからビックリだ。朴槿恵政権の韓国は、歴史問題に固執するあまり現実をみる目まで曇ってしまったのか。(久保田るり子)

    ■安倍政権攻撃をやめない韓国メディア

    今回の2プラス2の結果に韓国政府は公式論評を出さなかった。この地域の安全保障問題で、日米、米韓の三角同盟関係の当事国である韓国だが朴槿恵政権は沈黙を決め込んでいる。日本の安倍政権について「孤立化」「右傾化」「軍国主義化」とあらゆる機会に日本攻撃してきた韓国メディアは、日米が中国、北朝鮮に認識を共有し戦略的検討を開始したことが不満なのだろう。2プラス2に関して『集団的自衛権 日米同盟強化、韓中の反発は必至』『米国は日本の軍事役割拡大の前に隣国の理解を得させよ』などと反発した。

    韓国政府は安倍氏の集団的自衛権推進について、「日本の防衛政策は過去の歴史に起因する周辺国の疑念や懸念を解消する方向に進むべきだ」(尹炳世外相)などと日韓の過去や歴史と絡めて語ってきた。メディアはさらに過激に集団的自衛権を“軍国主義の象徴”のような書きっぷりで、いまだに『平和憲法を変えようとする不穏な動き』『戦後体制を揺るがす問題』などと評している。

    韓国の政府要人のコメントと同国メディアの報道ぶりに共通する誇大な「日本の軍国主義化、再軍備論」イメージ論。そこには日本憲法や日本の議会制民主主義、戦後の歩みや日本の世論などへの視線は欠落しており、反日のための政治宣伝にみえてくるのだ。

    日本では日本版NSCは今秋からの臨時国会で審議が本格化する。日米対処は韓国側の一方的で情緒的な反日攻撃で止まるものではない。東アジアの地域情勢や日米同盟の現実を前に、韓国はいつまで幼稚なイメージ論による対抗を続けるのだろうか。

    ■日本で拡散、朴槿恵政権への不信感と嫌韓感情

    米韓の軍事同盟関係は今年60周年を迎えた。米国はこれまで日米韓のいわゆる三角安全保障体制の構築を想定してきたが、近年の日韓関係悪化で立ち入る隙間もないのが現状だ。

    さきごろ訪韓したヘーゲル米国防長官が朴槿恵大統領を表敬した際にも、ヘーゲル長官が「日韓間の懸案を整理する必要がある」と述べたのに対し、朴大統領は「日本は何の誠意も見せておらず傷口に塩を塗るようなことをしながら『対話すればよいではないか』などといっている残念な状況」と述べたにとどまらず、さらに慰安婦問題を取り上げ「あの方たちは花のような青春を踏みにじられたが、日本は謝罪もなく元慰安婦を侮辱し続けている」と、誤解を招くような言い回しで日本非難を繰り返している。

    (>>2以降に続く)


    msn産経ニュース: 2013.10.12 07:00
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/131012/kor13101207000001-n1.htm
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/131012/kor13101207000001-n2.htm
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/131012/kor13101207000001-n3.htm

    続きを読む

    反日と円安ウォン高で日本からの観光客減便、アシアナ事故も痛手…韓国航空業界大打撃!「福島原発の放射能」に責任転嫁


    ※この記事は自動車関連の記事ではありません



    1 :ニライカナイφ ★:2013/09/27(金) 22:41:32.74 ID:???

    ◆【韓国】反日で航空業界大打撃 アシアナ事故も痛手 日本便減「放射能」に責任転嫁[09/27]

    東京電力福島第1原発の汚染水問題について、韓国がヒステリックな反応をみせている。福島など8県の水産物を全面輸入禁止にしたのに続き、韓国メディアが、「放射能汚染への恐れ」などを理由に航空会社が日本便を減らしていると報じたのだ。専門家は「業績悪化による減便をごまかすために汚染水問題を引っ張り出している」と指摘する。一体、どういうことなのか。

    10月から始まる冬季フライトスケジュールを境に、“日本外し”とも言える韓国航空会社の動きが目立っている。最大手の大韓航空は、来月27日から岡山へのフライトを従来の週7便から4便、新潟へのフライトを週7便から5便に縮小する予定。アシアナ航空は、すでに仙台行きを週7便から4便とし、静岡行きも縮小したという。

    背景にあるのは、韓国航空業界が直面する厳しい経済環境だ。韓国観光公社によると、昨年8月の李明博前大統領による竹島上陸以来、訪韓する日本人観光客が減少。昨年9月から6カ月連続の前年同月割れとなり、今年に入ると、この傾向が一段と加速。上期(1~6月)の訪問者数は前年同期比の26・3%減となった。

    痛恨だったのは、7月に起きた米サンフランシスコ空港でのアシアナ航空機の着陸失敗事故だった。アシアナ航空は、事故の影響で第2四半期の営業損失が299億ウォン(約27億4780万円)に達し、株価も10年4月以来の安値に下落。韓国航空業界全体に、安全性に対する不信感を広める結果になった。

    同国の航空業界関係者は「も痛い。日韓関係の悪化と、業界の信用不安のトリプルショックで日本からの観光客を当て込んでいた航空会社は大きな打撃を受けている。業績改善のため、各社とも搭乗率が奮わない路線を減便せざるを得ない状況になっている」と説明する。

    だが、韓国メディアにかかるとこの実情は、変わってくる。
    現地の通信社「聯合ニュース」は、「放射線影響」との見出しでこの減便措置について取り上げた。その理由について「放射能汚染への懸念で旅行需要が減少した」などとする航空業界関係者のコメントを紹介。経済環境の悪化ではなく、「日本の汚染水問題が減便の原因」と受け取れる内容を伝えている。

    福島第1原発の汚染水問題をめぐっては、韓国政府が福島など8県の水産物の輸入を禁止。自治体では、国のガイドラインに基づき国際基準以上の厳しい検査で安全性が証明されたものだけを輸出してきたが、嫌がらせともとれる政治判断でシャットアウトし続けている。

    本紙で『新・悪韓論』を連載するジャーナリストの室谷克実氏は「韓国は、汚染水問題を国際社会で日本をおとしめようとする『ディスカウント・ジャパン』の道具として利用している。航空会社は、事故を起こしたアシアナ航空を筆頭に、軒並み業績が悪化して苦境に立たされている。減便は、その苦しい実情を物語るものだが、自国企業の失敗を認めたくないのだろう」と指摘。

    「都合の悪い事実を、東京五輪の妨害に展開したのと同じネガティブキャンペーン『放射能がいっぱいで、危ない国・日本』で覆い隠してしまおうという魂胆だ」とあきれる。皮肉なことに日本で韓国人気が縮小する一方、日本を訪れる韓国人観光客は増加傾向にある。日本政府観光局によると、今年上期(1~6月)の訪日韓国人数は、前年同期比38・4%増の約132万人に達した。

    「反日」のジレンマに陥る韓国企業の断末魔が聞こえてきそうだ。

    写真:http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130927/frn1309271810007-n1.htm

    ZAKZAK 2013年09月27日
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130927/frn1309271810007-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130927/frn1309271810007-n2.ht

    続きを読む

    アメリカ 「日本の自動車市場は中世」

    1 : ペルシャ(埼玉県):2013/07/20(土) 21:13:04.09 ID:BSa3/ZAfP ?PLT(12001) ポイント特典

    英フィナンシャル・タイムズ紙は17日、「米自動車産業、日本の経済政策を批判」と題する記事を掲載した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

    日本が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉に加入する前、フォードの国際渉外担当バイスプレジデントは日本の経済政策を強く批判し、米国自動車産業内部のTPP交渉に対する不満を反映した。

    ワシントンに常駐するSteve Biegun氏の上述した発言は、米国国内のTPP交渉を巡る複雑な政治状況を示した。TPPは12の環太平洋国家の、貿易自由化を目指している。

    デトロイトに本社を置くビッグ3とそのほかのメーカーは、日本の人為的な円安により利益を損なった米国の製造メーカーが、TPP反対の政治的温床になり、米国議会に対して自らの観点を主張する可能性がある。安倍晋三首相のアベノミクス(財政、金融刺激策)は、彼らの警戒を招いている。アベノミクスにより、大幅な円安が生じたからだ。

    Biegun氏は「日本は自由貿易を受け入れなかった。日本は輸出による成長を重点としている。アベノミクスの現在までの成果を見る限り、補助金による輸出支援で、これを競争力と吹聴するという、日本企業のスローガンを新たにパッケージングしたようなものだ」と述べた。

    ソース サーチナ
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0720&f=business_0720_013.shtml

    続きを読む

    【政治】米国フロマン通商代表、TPP「日本参加でも遅れなく」、「自動車などの分野の市場開放で一定の進展があったという」認識を示す

    1 :ウィンストンρ ★:2013/07/19(金) 07:21:11.50 ID:???0

    アメリカのフロマン通商代表は、議会の公聴会で証言し、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉について、日本との事前の話し合いで自動車などの市場開放を巡って一定の進展があったという認識を示すとともに、日本の交渉参加によって交渉に遅れが生じないよう努めると強調しました。

    アメリカでTPPなどの交渉を主導するフロマン通商代表は、18日、議会下院の歳入委員会の公聴会で証言しました。この中でフロマン代表は、「TPP交渉への日本の参加を前に協議を行った結果、一定の分野では合意に達した」と述べ、アメリカが重視する自動車などの分野の市場開放で一定の進展があったという認識を示しました。

    また、フロマン代表は、「日本の交渉参加にあたり、すべてについて話し合うことで合意した。これは重要なことだ」と述べ、交渉に入る前の段階から関税撤廃の例外を農業分野で設けるべきではないという考えを示しました。

    そのうえで、「日本が交渉に参加することによってTPP交渉に遅れが生じないよう努めていく」と述べ、交渉の年内合意を目指す姿勢を強調しました。TPPを巡っては、マレーシアで今月15日から25日までの日程で18回目の交渉が行われており、日本は、終盤の23日午後から初めて交渉に参加できる見通しです。

    ソース NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130719/k10013139971000.html
    関連スレ
    【政治】日本に「再交渉、蒸し返し認めぬ」…TPPで米
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1374174658/

    続きを読む

    【韓国経済】日本の積極的なFTA交渉推進 韓国に緊張走る[07/14]

    201301150400
    画像は無料の素材サイトからダウンロードしたものです。
    著作者:Phung Co Ly
    ライセンス:Creative CommonsAttributionShare Alike

    画像URL: 
    http://free-images.gatag.net/tag/illustration-cg


    1 :壊龍φ ★:2013/07/14(日) 16:09:44.82 ID:???

    【ソウル聯合ニュース】
    農業団体の反対などで自由貿易協定(FTA)に消極的だった日本が最近になってFTA締結のための交渉に積極的な姿勢をみせはじめた。電機・電子や自動車など、日本と競合分野が多い韓国にとっては安心していられない状況だ。

    韓国貿易協会が14日に発表した日本のFTAに関する報告書によると、日本は昨年に欧州連合(EU)、モンゴル、カナダ、コロンビアなどとFTA交渉を始めた。ほかに環太平洋連携協定(TPP)交渉を23日から正式に開始し、韓日中FTAやアジア広域のFTAである域内包括的経済連携(RCEP)交渉も進めている。オーストラリアとのFTA交渉は妥結に近づいている。

    日本が推進しているFTAの相手国は大部分が韓国と重なっており、韓国としては気が気でない。日本は韓国がFTAを締結した米国、EU、トルコ、ペルーなどとの交渉に積極的で、オーストラリアやカナダについては韓国と同じようなペースで交渉を進めている。モンゴルに関しては韓国を一歩リードしている状況だ。

    日本は2018年までに貿易のうちFTA相手国が占める割合を現在の18.9%から70%に引き上げようとしている。韓国のFTA割合は現在、35.2%。米国は38.7%で、中国は21.0%となっている。 日本は巨大市場の米国や欧州とのFTAが発効している韓国などと比べて不利な貿易環境に置かれているが、これを反転させようとしている。

    貿易協会は「日本は経済再建のための成長戦略の一つとしてFTAに注目しているようだ」と分析する。日本が交渉を進めているFTAの大部分はまだスタート段階で、成果を論ずるのは時期尚早だ。ただ、明確なFTA戦略の下、広範囲でスピード感のある交渉を進めれば韓国に与える影響も少なくないと考えられる。

    貿易協会のミョン・ジンホ首席研究員は「日本が実際にFTAを締結・発効するには相当な時間がかかる。韓国はその間に締結・発効済みのFTAを十分に活用し、各市場での優位さを生かす必要がある」と強調する。


    聨合ニュース: 2013/07/14 14:42
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2013/07/14/0500000000AJP20130714000500882.HTML


    FTA: Free Trade Agreement 
    物品の関税、その他の制限的な通商規則、サービス貿易等の障壁など、通商上の障壁を取り除く自由貿易地域の結成を目的とした、2国間以上の国際協定
    ソース:
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E8%B2%BF%E6%98%93%E5%8D%94%E5%AE%9A 


    続きを読む

    【TPP/米国】農業、自動車で市場開放求める声 オバマ政権公聴会

    バラク・オバマ
    201005201800
    画像は無料の素材サイトからダウンロードしたものです。
    画像URL:
    http://free.gatag.net/2010/05/20/180000.html


    1 :やるっきゃ騎士φ ★:2013/07/03(水) 11:14:45.17 ID:???

    日本の環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向けてオバマ米政権が2日開いた公聴会では、農業や自動車の団体から日本市場の開放を求める意見が相次いだ。米通商代表部(USTR)は対日要求の柱として、今後の協議に反映させる方針だ。

    日本が「聖域」として守りたい乳製品をめぐり、米業界団体は「日本の高い関税や複雑な関税割当制度が参入障壁になっている」として撤廃を要求。生鮮ジャガイモの輸出拡大を狙う米国ポテト協会は、検疫など輸入規制の緩和を求めた。

    TPPを通じた関税引き下げで輸入車との競争上、不利になると警戒する自動車関連団体は、日本の参加に強く反対。全米自動車労働組合は「日本は円安への為替誘導や不公正な貿易慣行で米車を市場から締め出している」として、市場開放を訴えた。(共同)

    ソースは
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130703/fnc13070310360005-n1.htm  
    続きを読む

    【サーチナ】日韓通貨スワップ協定、「誰でもわかる経緯まとめ」=為替王

    1 :HONEY MILKφ ★:2013/06/24(月) 10:45:19.36 ID:???

    日韓通貨スワップ協定が、また注目されています。「そもそも、何が問題なのか、よくわからない・・」、
    そんなあなたのために。

    ~ 誰でもすぐわかる日韓通貨スワップまとめ ~

    ■1997年、アジア危機で苦しむ韓国を日本が救済

    1997年のアジア通貨危機当時、韓国は世界から多額の資金を借りていました。日本は自国にも危機が波及していたにもかかわらず、韓国の資金返済を楽にしてあげるよう日本の金融機関のみならず欧米をも説得して妥協させました。日本が奔走していなければ、韓国は当時もっと悲惨な破綻状態に陥っていたと考えられます。

    ■2005年、日韓通貨スワップ協定締結

    「通貨スワップ」とは、通貨危機に陥った際に互いに通貨を融通しあう制度で、日本と韓国とは2005年に初めて通貨スワップ協定を結びました。戦後、日本は通貨危機に陥ったことは一度もありませんが、韓国はアジア通貨危機などで過去に何度か通貨危機を経験しており、事実上、韓国が危機に陥った場合を想定して、日本が救済してあげるための協定です。

    ■2008年、リーマン危機で限度額引き上げ

    リーマンショックで韓国経済が危機に陥ったため、当初限度額30億ドル(当時約3千億円相当)だったスワップ協定を、一時的に200億ドル(当時約2兆円相当)に引き上げてあげました。この日本の協力がなければ韓国が破綻していたかどうかはわかりませんが、リーマン危機当時は、アジア危機で大混乱した1997年当時に迫るほど韓国ウォンが急落していましたから、日韓スワップ協定は市場を牽制し、ウォン急落に歯止めをかけて韓国経済を安定化させることに貢献したというのが市場関係者の共通認識です。

    ■2009年~2011年 韓国ウォン安政策で日本打撃

    急速な円高で日本経済がダメージを受けている時、韓国もウォン高圧力を受けていました。しかし、韓国政府はウォン売り為替介入を断続的に実行し、ウォン安政策をとりました。結果的に、海外では円高に負けた日本製品が商品棚からほとんど消えてしまい、代わって、ウォン安に後押しされた韓国製品が所狭しと並べられました。つまり、ウォン安政策により、日本の大手製造業および多数の下請け中小企業の雇用と利益が失われ、それが韓国の雇用と利益に姿を変えたとの見方もできます。

    ソース:サーチナ
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0624&f=business_0624_010.shtml

    >>2につづく

    続きを読む

    【日韓通貨スワップ】韓国メディア「安倍政権が物ごいをさせようとした」 通貨交換縮小、結局日本が悪い?

    084
    画像は無料の素材サイトからダウンロードしたものです
    画像URL: http://free-business-illustration.com/05-png/084-instability.html


    1 :帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/06/27(木) 18:56:01.66 ID:???

    日韓通貨スワップの延長要請をしなかったことについて、韓国メディアが「日本の策略に応じなかった」と報じたことが様々な憶測を呼んでいる。何かあっても、結局は日本が悪いと言い出すのではないか、といったものだ。通貨スワップは、外貨を融通し合うことで金融市場を安定させるのが目的だ。これまで通貨危機などがあるたびに、スワップが役立ってきたと言われている。特に、外貨準備高に不安がある韓国は、その恩恵を最も受けるとされる。ところが、日韓スワップ130億ドルのうち、30億ドル分について、韓国から延長要請がなく、日本政府は2013年7月3日の期限での打ち切りを決めた。そのことについて、韓国が要請しなかったのは日本に原因があると報じる韓国メディアが出てきた。

    大手通信社「聯合ニュース」の6月24日付記事では、右傾化した安倍晋三政権が、韓国に物ごいをさせて政治利用しようとしたが、韓国政府は応じなかったと報じた。韓国は、スワップを経済問題と考えており、日本の策略通りに動く必要はないと判断したというのだ。真相ははっきりしないが、韓国は、これまでも日本に感謝する姿勢は見せず、むしろ竹島問題などで日本に譲歩を迫ることが多かった。

    それだけに、日本のネット上では、韓国が延長要請しなかったことについて、「日本からスワップ協定の延長をお願いに来ると思ってたのかw」「プライドではなく見栄だ」などの疑問が相次いでいる。中には、「これで韓国経済が混乱したら 全部日本の責任にする気満々だな」 「すぐ泣きつくよ 日本が悪いっていいながら平気な顔して被害者ぶって」といった厳しい声も出ていた。

    国際金融アナリストの小田切尚登さんは、韓国がスワップを延長しないままでは自らの首を絞めるだけのはずだと指摘する。 「韓国は、いいときはいいかもしれませんが、輸出に依存しているので、金融システムは経済の変動には弱いんですよ。 世界経済が不安定になれば、通貨スワップは、安全弁やクッションの役目になります。 ですから、スワップがなければ、韓国は自ら損をするだけになってしまいます」

    今後はどんな危機があるか分からないとしながらも、韓国は、経済に陰りが見え始めている中国との取引が多く、その影響などを受けるかもしれないと小田切尚登さんはみる。もっとも、日本は韓国に経済支援をしている立場ながらも、スワップ縮小は、日本にもデメリットはあると言う。日本も韓国に輸出するなど経済的なつながりがあり、韓国が元気でないと日本にとってもよくないからだ。

    ただ、小田切さんは、日本は、支援することで韓国でのイメージが上がることを期待していたが、韓国に日本への感謝が見られず、国民もメリットを知らされていないことなどから、日本政府がスワップの意味を見い出せなくなっていると指摘する。今後、韓国が延長しなかったことを日本の責任にする可能性はあるとして、「日本の外交はこれまで弱かったのですが、『韓国が必要ないと言ったので、延長しなかった』 と厳しい姿勢で交渉を進めることが大事でしょうね」と言っている。

    http://www.j-cast.com/2013/06/27178113.html?p=all

    【日韓】韓国通信社「日本、協定延長を政治利用」 通貨スワップ問題~韓国に「物ごい」をさせようとし、韓国側が応じなかった[06/24]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372100820/
    【国内】麻生財務相「これまでは韓国からスワップの要請があり応えてきた。今回は要請がなかった。それだけ」★2[06/25]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372144709/
    【韓国】日本との通貨スワップ延長せず 「経済的な実益がなかった」「安倍政権が支持率を高めるために利用した」[06/25]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372129741/
    【日韓通貨スワップ】延長なしに韓国「安倍政権の右傾化が影響」「むしろ中韓通貨スワップ拡大を」[06/24]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372078648/

    続きを読む

      記事検索
      ★備えておきたい安全グッツ★




      最新記事50件
      私の世界へようこそ
      最新コメント
      各SNS
      アクセスカウンター
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:



      Twitter



      【スポーツカー】 レクサスLF-LC 画像&動画まとめ



      レクサスLFA カッコイイ画像20枚&動画


      エンジン回転数と車速の違いってなに?


      ★ハッチ~装着パーツ




      記事検索
      アンケート


      [2ちゃんねる] 思わずじーんとくるスポーツカー名言集



      トヨタ86 カッコイイ画像
      20枚&動画


      おすすめアンテナアプリ
      • ライブドアブログ

      Back to Top