1 :やるっきゃ騎士φ ★:2013/07/23(火) 13:37:34.59 ID:???

ダイハツ工業は22日、軽乗用車「ミライース」を一部改良して8月に発売すると発表した。燃費性能はガソリン1リットル当たり33・4キロ・メートルで、スズキの軽乗用車「アルトエコ」(燃費は1リットル=33キロ・メートル)を抜いてガソリン車で最高となる。ハイブリッド車(HV)との差がほぼなくなってきており、低燃費競争は一段と激しくなりそうだ。

ミライースはエンジンの燃焼効率を高めたほか、エンジンの自動停止機能を改良して、早めに停止することでガソリンの消費を抑えた。これにより、現行の車より燃費性能は約1割良くなった。ダイハツは販売価格を公表していないが、最低価格は80万円以下になるとみられる。

ミライースは2011年9月、1リットル=30キロ・メートルの燃費を実現した初のガソリン車として発売され、HVと同水準の燃費性能と低価格を兼ねる「第3のエコカー」人気のきっかけとなった。HVと比較しても、ホンダが9月に全面改良する小型車「フィット ハイブリッド」(36・4キロ・メートル)に迫る水準まで軽乗用車の燃費性能は良くなっている。新型ミライースやスズキのアルトエコは、トヨタ自動車のHV「プリウス」(30・4キロ・メートル)を上回る。ダイハツは「1リットル=35キロ・メートルが当面の目標」(三井正則社長)としており、さらなる燃費の向上を進める方針だ。「1リットル=30キロ・メートル台」の低燃費競争は、さらに高い水準で繰り広げられるとみられる。

6月の国内新車販売台数に占める「軽」の割合は40・8%と、6月として最高となった。安さなどで人気を集める「軽」と、エコカーを代表するHVの争いは今後も続く可能性が高い。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130723-OYT1T00283.htm?from=ylist
燃費の表は
20130723-682115-1-L

続きを読む