VW_GOLFⅦ_VARIANT_5G_01
画像はWikipediaより引用 投稿者:CEFICEFI 画像はCC-BY-SAライセンスです。
画像URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%8
2%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%
AB%E3%83%95#mediaviewer/File:VW_GOLF%E2%85%A6_VARIANT_5G_01.JPG
 


1 :海江田三郎 ★@\(^o^)/:2015/01/15(木) 15:14:17.02 ID:???0.net

高い品質と安全性で世界から評価されている日本メーカーの自動車について、
ある中国人ネットユーザーが先日「日本車はなぜ米国では大人気なのに、欧州では存在感が薄いのか」という疑問を中国国内の質問掲示板・知乎に書き込んだ。この質問に対して13日、自動車に造詣が深いとみられるネットユーザーが、その理由について論理的に回答した。このユーザーはまず、欧州では自動車関税が米国より高いために輸出が難しく、米国で経験を積んでから現地に工場を設置する必要性があったこと、欧州人は総じて米国人ほど開放的でないこと、欧州本土の自動車製造の競争力が米国自動車業界より強かったことの3点を挙げた。この3点を根本的な原因としたうえで、さらに米国においてはコストや耐久性で劣る米国ブランドに容易に勝利できたものの、ドイツを中心とする欧州メーカーにはこの弱点がなかったこと、日米ではガソリン車が主体なのに対し、欧州ではディーゼル車が主流であること、欧米ではターボエンジンが発展しているのに対して、日米は自然吸気路線を歩んできたこと、米国では長時間運転の快適さを求める日系車が喜ばれるのに対して、狭いカーブの多い欧州では走行性が重視されること、そして欧州では日本本土では出せないような高速運転の安定性も極めて重視されることの5点を説明した。

ソース記事の続きを読みたい方は以下のリンク先で
http://blog.searchina.net/node/4040
 
続きを読む