1 : 縞三毛(チベット自治区):2013/07/13(土) 18:10:45.37 ID:rpVGTlIMT● ?PLT(12000) ポイント特典


エンジンの熱効率が60%に向上する新理論を早稲田大学が発表!!自動車の燃費が2倍以上になる可能性も!!

投稿日: 2013年7月13日 作成者: キルロイ
 189
早稲田大学の内藤健教授は8日、自動車のエンジンの効率を高める新たな燃焼方法の理論を見つけたと発表しました。燃焼室で複数の方向から音速に近い速さで燃料を吹きこんで一点でぶつけて圧縮して燃焼させる方法とのことで、完成すれば従来のエンジンの2倍以上の効率となります。

この新理論は、コンピューターでの数値計算(シミュレーション)で可能性が確かめられています。すでにエンジンの試作を終えており、今年度内に実証試験でおおよその性能を調べます。自動車のガソリンエンジンは過去20年間で燃費が1.5倍になったといわれますが、熱効率は最大でも30%。低速運転のときには15%にとどまっています。より効率的な燃焼方法を探る研究が進んでいます。

新理論では、数値計算では熱効率が60%以上になる可能性があるといいます。自動車エンジンだけでなく、航空機用にも応用できるとのことで、内藤教授はそれぞれの小型エンジンを試作、実証試験を始めました。実用化に向けて協力企業も探すといいます。

http://commonpost.info/?p=71871 
http://www.waseda.jp/jp/news13/130709_engine.html
理工・内藤教授、究極効率のエンジンを生む新圧縮燃焼原理を発見
自動車・発電・航空機用などで熱効率を60%以上、HV車凌ぐ低燃費か
プレスリリース
2013/07/09
tiy

続きを読む